外壁塗装に用いる塗料は性能がどんどん進化しており、さらに、遮熱塗料や断熱塗料など、今までになかった機能を備えた機能性塗料が登場し、注目を集めています。しかし、外壁を塗装するでは解決できない〝住まい〟のトラブルがあるのです。たとえば、外壁に「クラック」と呼ばれるヒビや亀裂が生じている場合です。塗膜に入った微細なヒビを「ヘアークラック」と言いますが、ヘアークラックであれば塗装だけで済んでしまうことも少なくありません。しかし、それより幅の広いヒビ割れができてしまった場合は、クラック補修をしたうえで、外壁塗装を行う必要があります。また、遮熱塗料を用いて外壁塗装を行ったとしても、夏場に冷房がいらなくなるわけではありません(エアコンが稼働する時間が少なくなるなどして光熱費を節約できる可能性はある)。断熱塗料を使った場合も、夏場に冷房を使わない、冬場に暖房を使わないということはできません。結露も断熱塗料による塗装で解決できる問題ではありません。なぜなら、結露とは、屋外と、室内の温度差が原因で生じる現象だからです。暖房の聞いた室内であたたまっていた空気が、窓の周辺で冷やされて液化し、窓ガラスやサッシに付着するのが結露です。窓ガラスやサッシには外壁に用いる断熱塗料を塗ることができません。そのため、どうしても結露が発生してしまうのです(断熱塗料を用いたことによって、むしろ、室温と外気温との差が以前よりも増してしまう可能性もあります)。結露の問題を改善するためには、サッシに結露防止テープを貼りつけたり、窓ガラス専用の透明断熱フィルムを貼るなどの対策も合わせて行うことが必要になってきます。