これまでに壁紙と下地の組み合わせさらには気積率が、壁装の調湿特性に、どのような影響を及ぽすのかについて調べてきた。

壁装の調湿特性はこのほか温度の変化速度にも大きく左右される。

温度の上昇速度が速くなるにつれて、調湿が追いつかなくなる。

例えば、気積率2の場合(6畳くらいの部屋の全内面に、木材を内装した場合に相当)温度がきわめてゆっくりと変化するときにはB値はおおよそOとなり室内は ほぼ完全に調湿されるがaのように 急激に温度が変化するときにはB値は約0.0085と小さくなり同じ面積を内装したとしても調湿性能が大きく低下することがわかる。

ここで、木材の上にビニール壁紙を張った壁装で6畳くらいの部屋の全内面を内装する。

このことは、先に述べた木材相当量も材料ごとに一定値をもつものではなし温度の変化速度が異なればってくることを意味している。

木材ではどれくらいの面積で、同じ調湿効果が得られるかを、温度変化速度別に求めてみると、 速い方から、1/10、1/6、1/4および1/3のような割合に各気積率でのB値と平均温度の変化速度との関係である。

気積率と温度の変化速度を考慮すれば、小さなステンレス箱を用いて実際の住宅内の相対湿度の変動の挙動を実験室規模で簡便にとらえることができる。

言い替えると住宅内の内装材料による調湿効果がどの程度になるかを予測できるということである。

タイトルをトップに